マッサージの仕事は需要がある|資格を取って安定の職に就こう

男女

信頼される医療関連資格

整体

理学療法士はリハビリテーション専門職に属する国家資格です。業務独占資格ではありませんが社会的評価は高く、各方面で活躍しています。国家試験の受験資格は指定された養成機関で3年ないし4年間学ぶことで得られます。

もっと読む

環境がよく整っている

ウーマン

ベルランド看護助産専門学校には看護学科と助産学科があり、看護系の仕事に就くことを希望している人が毎日一生懸命勉強しています。ベルランド看護助産専門学校では生徒に実践力を身に付けさせるために、特に実習に力を入れています。

もっと読む

求められる職業とは

女の人

いつの時代も医療職は求められている職業です。医療職には国家資格のものと、民間の資格のものがあります。どちらも大学や専門学校で学んだのち資格試験を受けることができます。病院以外にも働き口は多くあり、仕事内容は大変ですがやりがいのある職業です。

もっと読む

揉み療治を仕事にするには

マッサージ

ライセンスで就職を有利に

リンパドレナージュは、マッサージの仕事をする上で比較的取得しやすい資格です。リンパドレナージュの資格には、セルフケアアドバイザーやセルフケアインストラクターがあります。どちらもリンパマッサージをする上で、必要な知識が得られる仕事です。ただセルフケアインストラクターの方が指導的な立場になれる分、仕事の幅もそれだけ広がっていくでしょう。またマッサージの資格があれば、今後それを仕事とするうえで有利に話を進められます。サロンを開業したり講師として働きたい方は、ぜひ取得しておくべきです。マッサージの資格を取得するには、独学よりもスクールに通う方が効率よく学べます。スクールは専門学校から通信講座までさまざまあるので、自分に都合の良いスタイルで学べる方法を選択しましょう。

勉強しやすい学校を選ぼう

マッサージの資格がとれるスクールは全国にたくさん存在します。もし通える範囲にスクールがなくても通信講座で学べるので、資格取得をあきらめる必要はありません。またスクールに通う希望を持っている方の中には、仕事をしながら勉強しなければいけない状況にいる場合もあるでしょう。そんな方には、スケジュールの調整が付けやすい夜間や土日対応のスクールや通信講座が便利です。ただし通学する余裕がある方なら、やはり講師に直接教わることができるスクールがお勧めです。その方が、現役のプロから実践的な指導やアドバイスが受けられるチャンスを得られる分有利に事が運べます。基本的にマッサージの資格取得はそれなりの学習期間が必要なので、余裕がある時期にスタートするのが理想です。これはスケジュールの管理と共に、しっかり計画的におこなうことが大切です。